春に浮かれる


春がきましたねー。
あぁ待ってました。
春、好きです。たまらんです。

春の何がいいって、なんてったってちょうどいい。
気候、程よい。ちょうどいい。
厚着も薄着もしなくていいし、
ふらっと外のベンチに座ってぼーっとしたりもできるし、
まあとにかく最高。
春の匂いも好きです。

今年の桜は少し早めにピークを迎えましたね。
一番咲き誇っていた3月終わりの週末には、
不動前のかむろ坂から目黒不動尊辺りを散策しながら、
桜を堪能しました。


見上げたら満面の桜、眩しい

桜は、もともとすごく好きというわけではなかったのですが、
春が好きだ好きだと思っていたら、いつの間にか桜も好きになっていました。
あぁ春待ち遠しい→桜が咲いたら春の訪れ→
桜咲いた→てことは春が来たってことね→ありがとう、桜、好きだ
って感じです。


桜、目黒不動尊に似合う


上から見下ろす桜もいい


あら映える

桜はもうすでに散ってしまいましたが
春めいた気候に、最近はずっと浮かれています。
浮き足立っております。

でもあっという間に暑くなって、夏が来ちゃうんだろうな。
短いんだろうな。あっという間なんだろうな。
春をスーハー吸い込んで、今のうちに堪能しておこうっと。
無駄にお散歩行こうっと。


ああいつまでも春に浮かれていたい。