産まれました!


気づけば、もう2ヶ月半も経っていました。
日々、夢中で過ごしていました。

今更の報告にはなりますが、
9月の中頃、無事に男の子を出産いたしました!

いやあ、、産まれました。
よくしたもので、ちゃんと産まれてきました。

毎日じたばたと動く赤子を見ていると、
本当にこれ自分が産んだのかなと、
本当にこの生命体をお腹の中で大きくしたのかと、
ふと不思議な気持ちになる時があります。
産む時は確かに大変だったんだけど、
産んだ瞬間の記憶が、すぽっと夢みたいで、現実離れしていて、
たまに実感がわかなくなります。
まあただ、なんだか分からないけどやたらに可愛いので、
確かに自分が産んだのでしょう。

時々、動画を撮っているのですが、
赤子の声と一緒に聴こえてくる甘ったるくて高い女の声が
自分の声だと知り、結構衝撃でした。。
万年アルトだった私の声も、赤子を目の前にしたら、
こんなにも高くなるものなのかと。。
ちなみにその声・話し方は、マザリーズ(母親語)というらしいですね。
トーンはやや高く、テンポはややゆっくり、ピッチは豊かになるらしい。
そしてどうやら、そのマザリーズは、子どもの成長にとって良いものらしい。
なんなんだ。この変化も、本能に備えられているというのか。
本能は、話し方、ひいては母のキャラクターまで変えてしまうのか。
本能、恐るべし!

というわけで、絶賛子育て中です!
“新しい人間の始まり”を目の当たりにしているので、
全てが新鮮で、今のところ子育て、面白いです。
オキシトシン(愛情ホルモンとかいう分泌物)をだくだく垂れ流しながら、
子育て楽しんでいます。

新しい人間でーす。